熊本のDX・IT化・デジタル化・ICT推進を応援

IT導入支援

IT導入支援サービス

IT導入に並走します

DX学校では、中小企業のIT導入のサポートを行います。DX学校の講師は、IT導入に並走します。ITは導入がゴールではありません。また、導入しても自分たちで運用できるようにしないと意味がありません。DX学校の講師は、効果の出やすいポイントをみなさんと一緒に考え、最適なツールをフェーズごとに投入し、ともに実践します。導入支援サービスについてはコチラ

「DX」などと言う前に、まず「IT導入」

新型コロナウィルスの感染拡大。これに伴って「デジタル・トランスフォーメーション(DX)」が大きくクローズアップされています。「デジタル・トランスフォーメーション(DX)」の流れは、これまで企業のデジタル活用をすっかり変えました。自宅だろうが、出先だろうが、デジタル・テクノロジーを使って、どこででも仕事が出来るようになり、オフィスが完全に廃止出来るまでになってきたこと。これはもちろん理論上は、以前から可能だったわけですが、この新型コロナウィルス感染拡大で「実現できるもの」となりました。

また、2020年に解ったのは、近隣の韓国や台湾と比べて、日本のIT化が大幅に遅れていること。しかし、中小企業はさらにもっと遅れていて、とても在宅で仕事などできる状態ではないことがわかってきました。「DX」などと言う前にまず「ITの導入」から始めなければならない状況です。こんな中小企業のIT導入を推進するサービス、これがDX学校の提供するサービスです。

IT導入済企業と未導入企業との
売上高の差は約2.1倍​

「中小企業白書」に掲載されているアンケートによると、中小企業ではIT投資『あり』『なし』とでは、はっきりと売り上げに差が出ているようです。「中小企業と言っても資金に余裕のある大きな中小企業ほど売り上げが大きいいと言う話だろ!」と言う声が聞こえてきそうですが、まさにそのとおりです。

中小企業におけるITツールごとの利用状況から
分かること

中小企業を売り上げ順に並べて、大きい方から4分割し比較すると、売上の小さい企業ではワープロや表計算ソフトでさえ36.3%しか導入されておらず、電子メールも37.8%、グループウェアに至ってはわずか7.3%の導入に留まっているのです。

これではテレワークなど実現できるわけもありません。逆に言えば、ちょっとしたITツールを導入するだけで、中小企業の業務効率は画期的に上げる事が出来るのです。